Topへ / DiaryのTopへ / vol.4へ / vol.6へ
2004/12/21 躯体工事スタート
母より電話があり、本日より躯体工事が始まったとの報告がありました。23日(祝)に、さっそく見に行きます!
2004/12/23 躯体工事見学
寒い一日でした。今日はわくわく!(笑)躯体を初めてこの目にする日がやってきました。
すでに躯体工事は3日目。一階の窓が入り始めていました。床(1・2階とも)と天井部分、外壁の一部にヘーベル板も入っていました。あの、現場見学会で見ていた、躯体が、ようやく現実のものに!
基礎でも十分イメージづくりにはなっていたのですが、躯体が始まると一気に3Dになるので、高さとか幅のイメージがさらに増しますね。午前中に行きましたが、今の、一番日が短く低い時期の、日当たりについてもイメージができました(2階の南面の部屋はぽかぽか。1階は隣のマンションに隠れて陰ってしまいます…)。
         
      (左)西側道路より見たところ。       (中)これが耐震フレーム  (右)玄関。玄関脇の親世帯リビングには防犯ガラス。

                     
(左)2階のベランダ。一番日の短く低いこの日の10時台は、2階はぽかぽか。(右)西南方面の道路から見たところ。玄関が死角で気になる。

いつものように裏山の小学校からも空撮しましたが、天井部分にはぽかぽかと日が差していて、「やっぱり屋上、作ればよかったかもね。」と、母とつぶやいてしまいました。昼寝したいくらいの日当たり。う〜ん。後付できるのかしら??
     ←この屋根はもったいない?

休日も返上で働いてくださる皆さんに感謝です。また日曜に見に行きますが、だいぶ出来上がってくるんだろうな〜。

2004/12/26 躯体工事見学
この日は午前中、Kahoさん&Naoさんの、引渡し直前のお宅に伺い、午後はKieさん宅を見学してから、
我が家の現場に直行し、躯体の様子を見学して参りました。

すでにすべてのヘーベル板が設置してあり、窓・ドアも付いた状態。中もこっそり覗かせていただきました(梶原さん、ごめんなさい)。
感動です(笑)。現場見学会で見てから、憧れ続けた(大げさ)あの鉄骨とヘーベル板が、わたしたちの家を構成しているその姿は、圧巻でした。
            
(左)西側道路より。かっこいい♪                    (右)一階親世帯リビング部分
           
(左)二階子世帯・階段を上がったところ。                    (右)2階。キッチン位置から子ども部屋を見たところ。
           
(左)全景。基礎が約2m、立ち上がった上に建ちます。                         (右)空撮ポイントより。

そんなわけで、急遽、明日の躯体検査に立ち会うことを心に決めました(笑)。

2004/12/27 躯体工事検査
午後1時から躯体検査ということで、前日、心に決めた夫とわたし、母の3人で検査の様子を見学させていただきました。

梶原さんにいくつか説明をしていただき、また、今後の工事のスケジュールも明らかに。予定よりやはり1ヶ月近く遅れています。「高台での基礎工事は、雨にかなり左右されました。雨が降ると土が流れてしまうこととの戦いでした」と、さながら「プロジェクトX」のような(アタマの中のBGMは中島みゆきでした)あの頃を振り返りつつ、これからの工事の行方も気になりつつ。

工事担当の皆さんが、丁寧にヘーベル板の欠けや鉄骨の傷のチェックと補修を行ってくださっている様子や、梶原さんの厳しくてきぱきしたチェックの様子を見て、わたしたちの暮らしのために、多くの方が力を注いでくださっていることに感謝と感動でした。「命預けてますから」と冗談半分、本気半分で言いましたが、預けた先がヘーベルハウスでよかったと思っています。
                   
        (左)シートがかけられました。宣伝効果ばっちり!?         (右)2階子ども部屋〜リビング
                  
         (左)屋根。登りたかった〜。                       (右)梶原さん撮影。わたし・夫・母。

検査は2時間にもわたる細かい作業ということで、検査そのものには関与できる余地はなかったため、1時間半ほど見学させてもらって、先に失礼しました。夫は最新の図面を片手に、窓ガラスの型番をひとつひとつチェックしていました(さすが、細かい夫だ)。しかし、やっぱり、細かい部分は記憶が飛んでますね。「ここ曇りガラスだったっけ?なんでそうしたんだっけ?」と、打ち合わせで決めたはず、説明を受けたはず、のことも忘れている。この調子だと、壁紙(さすがに床や建具は覚えているのだか)なんかは、工事が終わってから「ああ、これか」と思い出すんだろうな。インテリアの打ち合わせは夏だったのですが、冬に見たらイメージと違っていた、とか(激爆)そんなことにもなりかねないような気がして、インテリアの打ち合わせの時に写真を撮らせてもらうんだったなあと後悔。さてどんなおうちが出来上がるでしょうか(笑)。

年内は30日まで工事が入るとのこと。年明けは6日からの作業のようです。梶原さん、船越さん、皆さん、ありがとうございます。
(今後の工事の予定)
2004/12/28〜30:左官工事
2005/01/06〜  :防水・屋根工事
2005/01/08〜  :シーリング工事
2005/01/17〜  :断熱工事
2005/01/21〜  :ユニットバス工事
2005/01/24頃〜:木工事開始
2005/01/末前後:中間確認

引渡しは2月末前後となりそうです。

いよいよおうちづくり編 (2004/10/2〜2004/12/頃まで) …vol.5 躯体工事編         vol.4へ / vol.6へ