Topへ / DiaryのTopへ / vol.6へ / vol.8へ 
2005/1/30 中間検査
本日午前10時から、中間検査でした。
既に木工事が始まり、部屋の枠組みができ、全体像がつかめる状況になっていました。
並行して、吹き付けも始まっていて、下地塗装がされていました。
             
(左)定点。2/4には足場も解体予定                        (右)玄関から中を見たところ

      
(左)1階のお風呂。左側はトイレ位置                  (右)2階のシャワールーム。小さい。かわいい(爆)

      
(左)2階廊下からカウンターキッチンを眺めたところ                 (右)2階の子ども部屋予定の洋室

      
(左)子ども部屋から2階寝室を眺めたところ               (右)カウンターキッチンから子ども部屋を眺める

検査では主に電源や照明、情報コンセントの位置についてなど、壁を塞ぐ前に決めておかねばならない、配線関係の最終確認。やはり、現場で天井の高さや窓枠を見ながらでないと、確認できない、作りつけの棚の位置など、変更点も出て、この確認作業の大切さがわかりました。
     
(左)2階WIC内の情報分電盤                      (右)情報コンセント一本一本に、配線位置(室名)が入ってる!

     
(左)1階天井に敷き詰められたロックウールのみなさん(爆)          (右)明日には塗られるムーンミストのみなさん

そして、外構の打ち合わせも。大事に(?)しまっておいたポストと表札も、外構の業者さんにお預けして、いよいよ、という感じです。

(今後の工事の予定)
2005/01/24〜2/14 :木工事
〜2005/01/31    :吹き付け塗装
2005/02/07〜    :外構工事
2005/02/15〜    :内装工事
2005/02/24     :クリーニング
2005/02/25      :旭化成検査
2005/02/26     :施主検査および引渡し

通常は旭化成検査と施主検査で見つかった不具合を直す数日の日程をはさんで、引渡しとなるのですが、親世帯の仮住まいの契約の
関係で、2月中の引越しを(親世帯)しなければならず、このようなスケジュールに。無理を言いまして、申し訳ありません>梶原さん、
船越さん、皆様。

ようやく?!実感が湧いてきました。これからのスケジュールの見通しも立ち、新しい住まいでの生活が楽しみになってきました。工事に関わってくださっている全ての皆さんに感謝いたします。

 
おうちの中身ができるぞ編 (2005/1/3〜2005/1/30頃まで) …vol.7 中間検査編         vol.6へ / vol.8へ